マンゴーの選び方と、簡単な切り方から、パーティーで使える5種類の飾り切りまで、色々な切り方を説明しています。

マンゴーの飾り切り

 マンゴーって、甘酸っぱくて美味しいフルーツなので大人気です。でも、切るのにどうやって良いのか迷いますよね?

のり爺
ノッポ

今回はこんな方にお勧めの記事になります。

マンゴーの選び方と、色々な切り方を教えて欲しい

マンゴーを切り取る部分を、大きくして切りたい

マンゴーの選び方

 上の写真のマンゴーでは、中から糖分が出てきて皮が光沢でテカテカしています。間違いなく甘くてとっても美味しいマンゴーですね。

 この部分を触ると糖分なのでネバネバします。全体的に表面にはツヤがあり、触ると柔らかいの食べごろ。更に、マンゴーの香りが漂っているのが良いですね。

 下の写真では同じ光を当てているのですが、光沢の違いが判ると思います。下のマンゴー2つは光沢がなく白い粉が吹いた様になっており追熟が必要です。

 このようなマンゴーは室温に置いていると、日増しに甘くて美味しいマンゴーになります。

 上の2つは光沢があるので、食べ頃であるのが判ると思います。

 今回、撮影の為にこの4つのマンゴーを使用しました。一番上の写真の中で、右上に有る2種類は熟れたマンゴーを使用。見た目だけでも、熟れて美味しそうなのが分かると思います。
 他のマンゴーは黄色が強く、まだ熟れていないのが分かります。でも、甘味よりも、酸っぱい方が好みの方は、これくらいが丁度良いかも。

マンゴーを三つに切る簡単な方法

 マンゴーのタネは平なので、平な方から3等分する様に切ると、タネを避けて写真3の様に切ることができます。

  • 写真1の様にマンゴーに包丁を入れていきます。
  • もしタネに当たったら、少しだけ切る方向を外側に変えて、タネを避けて切ります。
  • 反対側も同じように切れば完成です。

 最も簡単にマンゴーを切る方法なので、これを覚えておくだけで、どうやって切るのか困る事はありません。

マンゴー三つに切る方法。上級者向き。

簡単な方法で切るのに慣れてきたら、今度はタネに沿って切る方法です。この方法は、果肉をタネの方から多く切り取る方法なのですが、少し難易度が上がります。

  • 写真1の様にマンゴーを寝かして、ヘタのすぐ上から切り始めます。
  • タネに当たったら、少し上の方に包丁の向きを変えて、タネに沿って切っていきます。
  • 上の果肉が取れたら今度は上下を逆にして、同じ切り方で反対側を切っていきます。

タネには果肉がまだ付いているので、包丁で削ぎ取ります。

それでも取れないタネの周りにある小さな果肉はタネと一緒に捨てても良いのですが、歯でこそぐ様にすると食べることができます。子供が喜びそう……。

パーティーで使える、食べやすい切り方1。

1

2
3

  • マンゴーを縦長に4等分します。写真1
  • 包丁を使って、皮と果肉を切り離します。写真2
  • 食べやすい大きさに果肉を切れば出来上がりです。写真3

    切る時、包丁の先がまな板に当て、果肉の部分を少し浮かせて切ると皮を切る事がなくなります。

パーティーの時には見栄えがよくて、食べた後も見た感じの良い切り方です。

パーティーで使える見栄えの良い切り方2。

  • 食べやすい大きさに、サイの目状に包丁やディナーナイフを使って皮を切らない様に切っていきます。写真1
  • 皮を押し上げるように、下から上に押し上げます。写真2
  • 皮の全てが反対に反ったら完成です。写真3

 この切り方は、見栄えが凄く良いのでお勧めです。

 でも、皮と果肉の間が切れていないので、フォークなどを使って取る時には取り難いです。

パーティーで使える見栄えの良い切り方3。

  • ディナーナイフを使って、皮と果肉の間を回しながら切っていきます。写真1
  • 食べやすい大きさに
  • 横に包丁で切ります。写真2
  • 切った果肉を戻し、段違いにズラします。写真4

 

この方法は見栄えも良く、取りやすいのでお勧めです。

パーティーで使える見栄えの良い切り方4。

  • マンゴーをなるべく薄く切っていきます。包丁を使うのが苦手な方は、スライサーを使って薄く切ります。写真1
  • 切ったマンゴー5枚を縦に並べます。写真2
  • 手前から巻いていきます。最初は小さく巻いた方が仕上げりがキレイにいきます。

この切り方は時間が掛かるのですが、見た目が黄色いバラに似ているので、私のお気に入りです。

パーティーで使える見栄えの良い切り方5。

  • 「パーティーで使える見栄えの良い切り方3」と同じ様に、薄く切ります。
  • 器に円形になる様に、マンゴーを二つ折りにして置いていきます。写真1
  • 2段目は少し内側になる様にして、更に置いていきます。
  • 何段も重ねていくと、出来上がりです。写真3

これはマンゴーを薄く切る事が出来れば、大輪の花の様に見えて、簡単に出来るのでお子様でも出来ると思います。

最後に、関連の動画を参考にして観て頂くと、より理解が増えると思います。

のり爺
ノッポ

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました